自宅でホワイトニングジェル!歯を白くする効果は?

自分で自宅でホワイトニングがおすすめ。手軽に歯を白くできて効果があるジェルもいろいろあります。

ホワイトニングにかかる回数や期間はどのくらい?

   

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

歯のホワイトニングを行う上でのどのぐらいの回数通わなければいけないのか、白くなるまでどのくらいの期間がかかるものなのか、というのもしっかり押さえておきたいポイントです。

歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」、自宅で行う「ホームホワイトニング」は、どのくらいの回数・期間でどこまで白くなるのか気になりますよね。

ただ、ホワイトニングの治療にかかる費用や回数は、人それぞれで変わってきます。というのも、求める歯の白さや、黄ばみ・色素沈着の具合、施術方法や頻度によっても期間は変わってくるからです。

関連記事:ホワイトニングでどのくらいまで白くなるの?

ここでは、基本的にはどれくらいの回数・期間が必要なのかについて見ていくことにします。

 

オフィスホワイトニングの回数や期間

歯医者さんでやってもらうオフィスホワイトニングは、ホワイトニング剤を歯に塗って、熱やレーザーでその薬剤の効果を高める方法が一般的です。

使用する薬剤の濃度や治療時間、光やレーザーを照射する機器の種類によっても効果は変わってきます。

1回でかなり白くなるという人もいますし、2〜3回で効果が現れ出す人もいます。1回だけでは色戻りもしやすいそうで、だいたい1〜4回の通院回数が必要といわれています。

薬剤を濃くしたり、レーザーの照射時間を長くすると、知覚過敏の可能性も高まってしまうということもあって、数回に分けてじっくりと治療し、歯への負担を減らし、白さの持続も期待できるとされています。

関連記事:ホワイトニングで痛みやしみ、知覚過敏が…

 

ホームホワイトニングの回数や期間

自宅で自分で行うホームホワイトニングの場合でも、通常、カウンセリングと検査に1回。虫歯の検査や、型取りなどが行われます。マウスピースは1週間以内にはでき上がることが多いので、できたマウスピースを受け取るのに1回。ホワイトニング剤も一緒にもらえます。

この「最低2回の通院」は必要となります。歯医者さんによって、口内の状態によっては、1週間ごとに経過観察をうけるという場合もあるようです。

その後、自宅では「1日に2時間以上」薬剤を注入したマウスピースをつけて、それを2〜4週間行うというのが一般的です。

早い人なら、毎日続けて1週間ぐらいでも、効果が実感し出すといいます。

 

オフィスホワイトニングでも、ホームホワイトニングでも、治療を止めれば、白さは戻ってしまうとされています。オフィスホワイトニングで、3ヶ月〜1年ほど、ホームホワイトニングでも、半年〜1年ほどで白さはホワイトニングを行う以前の状態に近づいてしまうと言います。

自分でしっかり毎日ケアするのも、歯の白さを持続させるためには大切なポイントです。

関連記事:ホワイトニング後のメンテナンス・セルフケア

 

 - ホワイトニングについて