自宅でホワイトニングジェル!歯を白くする効果は?

自分で自宅でホワイトニングがおすすめ。手軽に歯を白くできて効果があるジェルもいろいろあります。

ホームホワイトニングでどのくらい白くなるの?

   

f8b58101bcc31f2c024cc1e4caf98989_s

歯のホワイトニングを考えた時に、「どのくらいまで白くなるのか」という疑問にぶつかります。

自宅でのホームホワイトニングでも、歯科医院などでのオフィスホワイトニングでも、それなりの費用や期間がかかってきます。長い時間、高いお金を払ったのに白くならなかった…。となってしまってはいけないので、どのくらいまで白くなるのかは、大切なポイントですよね。

 

実際、ホワイトニングでどのくらいまで白くなるのか

「どのくらい白くなるのかは大切なポイント」なんて言っておきながら、こう言うのもなんですが、「どのくらいまで白くなるのかは、ハッキリと言い切れるものではない」というのが現状のようです。

ホワイトニングは、歯に白いペンキを塗るというわけではありません。薬剤で歯についた着色や汚れを分解・除去していきます。

あまり白くならない人もいれば、すっごく白くなる人もいるようです。日焼けの度合いが人それぞれのように、歯がどこまで白くなるのかも人それぞれ…。

タバコを吸っていたり、コーヒーや紅茶などをよく飲むという人は、白さを実感しやすく、しっかり手入れされていて、もともとキレイな歯の人は効果は実感しにくいですよね。

また、日本人は欧米人に比べて黄色がかった歯で、ハリウッドセレブのような白い歯に憧れても、そこまで白くはできないということも言われたりします。

 

時間をかければ、徐々に効果は出てくる

ホワイトニングは先ほど例に出した日焼けのように、白くなりにくい人でも、じっくりと時間をかければ効果は実感できると言われます。歯の質によってはホワイトニング剤が浸透しにくい場合もあったり、歯自体が変色してしまっていたり、セラミック・金属など人口の歯にはホワイトニングはできません。

限界まで白くしたい、白さを維持したいと考えるなら、ホームホワイトニングでじっくり行うのがおすすめです。ただ、毎日2時間程度、最低でも2週間は自宅で継続する必要があります。白さに満足したいのなら、1〜2ヶ月くらいの期間が必要だと言われます。

オフィスホワイトニングは、強い薬剤で短時間でホワイトニングができますが、白い歯の持続性を考えると、ホームホワイトニングの方が優れています。

両方を併せて行う、デュアルホワイトニングという方法もあります。

 

今は、安い価格で購入できるお手軽ホワイトニング用ジェルなどもあるので、まずはそこから試してみるものいいかと思います。

 

 - ホワイトニングについて