自宅でホワイトニングジェル!歯を白くする効果は?

自分で自宅でホワイトニングがおすすめ。手軽に歯を白くできて効果があるジェルもいろいろあります。

歯を白くしたいなら、コーヒーや紅茶などの「茶渋」に気をつける|自分でホワイトニング

   

d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s

ちょっとしたブレイクタイムにコーヒーや紅茶、お茶を飲む人は多くいますが、これが歯を黄ばませる大きな原因となっています。職場でもコーヒーを何杯も飲んでいるという人は多くいます。

お茶碗やコーヒーカップ、子どもの水筒などにも、しつこくこびりつく茶渋、ついてしまうと、取るのが一苦労…。それは、歯においても同じことなので、しっかりとつけてしまわない対策をすることが大切なんだそうです。

 

茶渋が付きやすい歯とは?

同じようにコーヒーやお茶を楽しんでいても、人によっては茶渋がつきやすい歯、つきにくい歯というのがあるようです。歯の表面に小さなデコボコがある場合には、しっかり磨けていても茶渋は付きやすいそうです。

ツルツルでなめらかな歯なら、色素が入り込めなくて茶渋もつきにくいということ。

定期的に歯医者さんで歯のクリーニングやスケーリングをしてもらうのが効果的です。また、歯のデコボコを修復してくれる様な歯磨き粉なども販売されています。

 

付けないように自分で気をつけることが大切

茶渋は、着色してしまわないように自分でしっかり気をつけるのが1番大切だと思います。

単純に、コーヒーや紅茶、お茶などできるだけ飲む回数を減らしちゃいましょう。とは言っても、社会人の人なら、営業先で出してもらったりして、1日にコーヒーやお茶を2〜3杯は飲むなんていう人も多くいます。やむを得ないケースもあります。

ではどうするのか。飲み方・飲んだ後のケアが大切。コーヒーや紅茶をできるだけ口の中に長くいさせないようにします。

すぐに飲み込んで、コーヒーやお茶を飲んだ後には、できるだけ早くに歯磨きをしたり、できない場合は、水で汚れを流すつもりで飲んでおく、ゆすぐだけでも違うようです。

茶渋をつけないという意識をもって生活する

茶渋は、ちょっとずつ蓄積していって、徐々に着色が目立ってくるものです。歯磨きの回数を増やして、その日に付いてしまった茶渋を落としておくように習慣づけます

特に付きやすいのは、歯と歯の間。時間などの都合で普段はなかなかできない、糸ようじやフロスも、1日1回は行うようにするなど、工夫しましょう。

 

付いてしまった茶渋への対策

茶渋などの着色「ステイン」を落としてくれるとされる歯磨き粉などが市販されています。ただ、研磨剤によって削って着色を落とすタイプのものは、当然歯の表面にも傷をつけてしまうので、また茶渋がつきやすい歯になってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

ホワイトニングジェルは、研磨剤無しで様々な成分によって着色汚れを落としてくれるものが多くあります。上手く利用して、白い歯を目指しましょう。

 

 - 歯を白くする方法